「カルティエ、時の結晶」展が開幕

ジュエリー業界ニュース

10月2日(水)から国立新美術館 企画展示室2Eで「カルティエ、時の結晶」展が開幕しました。
日程:10月2日(水)から 12月16日(月)

「時の結晶」をテーマに、約300点のジュエリー展示。「時間」を軸に、「色と素材」「フォルムとデザイン」「ユニヴァーサルな好奇心」の3章で、カルティエの革新性、現代性、独自性に満ちたデザインの世界と、その創作の歴史を紹介しています。
会場構成を手がけるのは新素材研究所 / 杉本博司+榊田倫之。「旧素材こそもっとも新しい」という理念のもと、伝統的な職人の技術と最新技術とを融合させる2人が、「時」を意識し回遊する展示空間をつくり出し、新たな鑑賞体験を提示します。

詳しくは下記ホームページをご参照ください。

https://cartier2019.exhn.jp/

TDE WEBマガジン編集部

 

TDE プレスリリース

  1. この記事へのコメントはありません。