WFDBメッセージ:ウクライナ危機に関して

WFDB NEWS

WFDB(世界ダイヤモンド取引所連盟)ヨラム・ドバシュ会長から、ウクライナ危機に関してメッセージが発信されました。

英語本文:PDFをご覧ください。

和訳は以下の通りです。

親愛なる皆様へ

WFDBは、ウクライナ危機によって多くの人々が命を失い、苦しんでいることを深く憂慮しています。WFDBは世界各国のダイヤモンド取引所が加盟する国際的なダイヤモンド業界組織として常に、寛容、対話、協力の促進、国際ビジネスガイドラインと現行法の遵守を会員に呼びかけています。

現在の世界状況は複雑かつ不安定であり、世界のダイヤモンド産業に与える影響を予測することは不可能です。WFDBは、この危機に関連するすべての展開を注意深く監視し、WFDBに加盟する皆様に最新情報を提供していきたいと思っています。

また、我々は、すべての加盟取引所に対し、各取引所の管轄下における商取引のガイドラインを遵守し忠実に従うこと、また、国内法に従って厳密に行動するよう会員を指導することを要請します。

私たちは困難な時代を生きています。私たち全員の健康と安全、そして一刻も早い紛争終結を願っています。

以上よろしくお願いします。

2022年3月14日
ヨラム・ドバシュ
世界ダイヤモンド取引所連盟

ヨラム・ドバシュ会長も書かれています通り、ウクライナ危機がダイヤモンド業界に与える影響を予測する事は非常に難しいと思います。TDE WEBマガジン編集部では、今後も同様のニュースがありましたら、順次お伝えしたいと考えております。

TDE WEBマガジン編集部

 

TDE プレスリリース

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。